日立 アステモ。 日立AMSとホンダ系3社は「日立アステモ」に、経営統合は2020年度中に完了

4社統合会社の名称は「日立アステモ」に、めざすはメガサプライヤー

アステモ 日立

😊 「ホンダ以外でも、関心のある納入先なら積極的に外販したい」(ホンダ)と述べた。 日立オートモティブを存続会社とし、ケーヒン、ショーワ、日信工業が消滅会社とされており、新会社に日立の名は残されたが、新たな企業グループを印象づけるべく、新社名(新商号)を採用したと思われる。

「電動化ナンバーワン」のメガサプライヤー誕生、日立AMSとホンダ系3社で

アステモ 日立

🤜 [画像のクリックで拡大表示] 日立製作所傘下とホンダ傘下の自動車部品メーカー合わせて4社は、経営統合後の社名を「日立Astemo(アステモ)」にすると発表した。 統合会社は、事業規模の拡大と技術の強みにより、コア事業における技術・ソリューションの競争力を強化し、激変する市場環境に対応していきます。

20

ニュースリリース:2020年10月19日:日立

アステモ 日立

🤚 新商号 日立Astemo株式会社 英文表記:Hitachi Astemo, Ltd. 経営統合する全ての会社の強みを融合した、時代の急激な変化に先駆ける先進的な技術の提供、持続可能な社会や安心安全なモビリティ社会への貢献を目指すという思いを込めた。 日立オートモティブシステムズ CEOのブリス・コッホ氏は「新会社はグローバルなメガサプライヤーとなる。

経営統合で巨大企業に! いま自動車部品サプライヤーの世界で何が起きている?

アステモ 日立

😩 現在、自動車・二輪車業界では100年に一度と言われる大変革時代に直面しており、環境負荷の低減や交通事故削減、快適性のさらなる向上等が求められる中、今後の自動車・二輪車システムの中核である電動化や自動運転、コネクテッドカー等の分野において、競争が激化しています。 2 金額の単位:百万円。

10

「電動化ナンバーワン」のメガサプライヤー誕生、日立AMSとホンダ系3社で

アステモ 日立

👀 「ホンダ以外でも、関心のある納入先なら積極的に外販したい」(ホンダ)と述べた。 統合会社は「Advanced Technology(先進的な技術)」として、すべての会社の強みが融合し、時代の急激な変化に先駆けた、 CASE領域をはじめとするモビリティソリューションを提供する。

11

日立オートモティブシステムズ/ケーヒン/ショーワ/日信工業:経営統合後の社名は「日立Astemo」に|Motor

アステモ 日立

🌏 写真はそのふたつを統合制御する新システム搭載車両の試走会でのワンシーン。 統合会社の商号は「Astemo(アステモ)」。 また、高精度地図を使った「アイサイトX」を一部グレードに設定する。

15

日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業が統合 吸収合併の効力発生日が2021年1月1日に決定

アステモ 日立

😁 日立製作所は2018年10月26日、東京都内で決算会見を開き、フランスの大手サプライヤーであるフォルシア(Faurecia)にクラリオンを899億円で売却すると正式に発表した。 経営統合後もこの目標は変わらず、達成に向けて「コア製品」の世界シェアを3割以上に高めようとしている。 また、まとまることでよりよく人材を育て、必要な分野で集中して活用することも可能になる」と語った。

15

日立とホンダ、統合会社「日立アステモ」を20年度内に設立へ、ボッシュやデンソーなどメガサプライヤーに対抗 ほか

アステモ 日立

☘ AstemoはAdvanced Sustainable Technoligy for Mobility」の頭文字 日立オートモティブシステムズとケーヒン、日立オートモティブシステムズとショーワ、ならびに日立オートモティブシステムズと日信工業は11月18日、それぞれ吸収合併契約を締結し、吸収合併の効力発生日について2021年1月1日に決定したと発表した。 現在、自動車・二輪車業界では100年に一度と言われる大変革時代に直面しており、環境負荷の低減や交通事故削減、快適性のさらなる向上等が求められる中、今後の自動車・二輪車システムの中核である電動化や自動運転、コネクテッドカー等の分野において、競争が激化している。

11