清洲 の ブログ。 高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟 ランキング

高山清洲という、詐欺師であり凶悪デマブロガーに警告する

の ブログ 清洲

☘ 米国大統領候補の一人であったサンダース氏の説いたように、グリードや極端な経済格差はルールの一部改正によって正常化されるべきものだ。

6

高山清洲・世界平和 人類みんな兄弟 ランキング

の ブログ 清洲

😆 日本国内でも、空中に漂う電磁波を吸収して無限に飛行する知能を備えた「ドローン」が、日本海側や沖縄に密かに配備されています! 彼らは、ノールウエイやスエーデン、アメリカの山奥に身を隠していたのです! その眺めに、鉄子でもあるカミさんは大興奮。 まさしく白州次郎が言った通り、「(日本国憲法の)戦争放棄の条項などその圧巻である。

3

「晩秋の清洲城」のんパパのブログ | 目指せ、1/72航空博物館(^^)

の ブログ 清洲

😂 そしてその法律を遵守するのは、基本的人権を享受する人々の義務でもある。

13

「晩秋の清洲城」のんパパのブログ | 目指せ、1/72航空博物館(^^)

の ブログ 清洲

😁 十字軍活動以降、いくつかの騎士修道会(構成員たちが武器を持って戦闘にも従事するタイプの修道会)が誕生したが. アメリカ国内の処理が終わり次第・・・トランプの鉄槌が振り下ろされることは必定です! 憲法はこれまでのような、政府による無理な解釈に委ねるやり方ではもはや通用しなくなってきました。 かつての神社本庁は、必ずしも同一のイデオロギー一色ではなかった。 今、大統領選挙で起きていることは他人ごとではない日本でも起こっていた! 院政を敷く安倍晋三は、アメリカ大統領選挙の報道をマスコミに制限して報道をさせない! 禁止する。

高山清洲という、詐欺師であり凶悪デマブロガーに警告する

の ブログ 清洲

😁 結果するのは、全体主義の国家だ。 戦後レジームとは何かということをよく考えて(ください)、われわれ自身が戦後レジームの一部となっているんですよ。

清洲山王宮日吉神社|宮司のブログ : 神社本庁(日本会議)の見果てぬ夢

の ブログ 清洲

🙂 残念ながら、その制定の過程においては、政府と日本国民の自由な意思は全く無視され、批判も検閲によって禁じられていました。 この、個人と、民主政治と、資本主義から生じるグリード(貪欲)の否定は、すなわち、近代という時代の否定である。

高山清洲という、詐欺師であり凶悪デマブロガーに警告する

の ブログ 清洲

👈 トランプ逆転勝利はある?ドミニオン投票システムの不正操作?連日、日本でもアメリカ大統領選のニュースが話題になっています!日本のメディアもアメリカのメディアもバイデン候補の当確を出し、次期大統領はバイデン氏に決まったような報道ですが、トランプ大統領は不正を訴え続け、敗北宣言を拒否しています!ここにきて、再集計によるバイデン候補の当確取り消し、ドミニオン投票. 中国によるアメリカ乗っ取りに対して、アメリカ国民は一体となって戦っています! ソフトウェアシステムにおいて、事後に投票がどのように行われるか。 最低限のマナーを守って私の記事を転載するのはいいが、それさえしていないどころか、私が書いてもいないのに、恐怖を煽るような見出しを付けて、どす黒い金儲けのために、無知な閲覧者からのアクセスを集めるのはれっきとした犯罪行為である。 ドミニオン・ソフトウェア投票システムと全国的な大規模な選挙詐欺犯罪に関する最近のシドニー・パウエルのインタビューの完全な写しここで取り上げるトピック:キックバック kaikaku33注:リベート、売上割戻 、ベネズエラはドミニオン投票システムと関係があります。

7

清洲山王宮日吉神社|宮司のブログ : 神社本庁(日本会議)の見果てぬ夢

の ブログ 清洲

✆ 中共の繁栄のために日本を潰します。 いったんネット上にアップすれば、原則として記事の引用、転載は、断り書きがない場合、自由である。 電話番号を明記の上でFAXでお問い合わせください! バイデンを代表とする レプティリアン DS(ディープステート)とは、悪魔主義儀式で結束して人類を5億人に削減して世界統一政府の下で奴隷化しようとしているグローバル資本・CIA・モサド・メディア・米軍の一部とそれに操られた各国の政治家や政府のこと。

2

高山清洲という、詐欺師であり凶悪デマブロガーに警告する

の ブログ 清洲

😅 その後輩が、憲法学と法思想史を専門とする法学者の八木秀次氏である。 委員長 吉田茂穂(鶴岡八幡宮宮司) 委員 田尾憲男(神道政治連盟主席政策委員) 同 大原康男(國學院大学教授) 同 百地 章 同 田中光彦(宮城県護國神社宮司) 同 高山 亨(乃木神社宮司) 同 門家茂樹(忌部神社宮司) 同 松本 慈(神社新報社) 現在と比較して、明らかに、神職の委員が多数である。 まだまだ、ある。

10