ウエスカ 岡崎。 【29日の欧州サッカー】岡崎先発出場でウエスカ今季2勝目

バルサ、デ・ヨングの得点でウエスカに辛勝…岡崎は後半途中から登場

岡崎 ウエスカ

🤩 ところが奪ったゴールは14個しかなく、これはエルチェと並んで最下位タイとなっている。 自分たちのミスが絡んでペナルティエリアの中や周辺でファウルを犯してしまう場面の多さも課題だったが、それ以上に痛かったのがリーグ最多の5失点を喫しているコーナーキック守備の脆さだった。 【スコア】 0-1 【得点者】 0-1 27分 (). はリーグ戦5連勝とし、暫定3位に浮上している。

3

【徹底分析】「ウエスカにとって岡崎慎司以上の9番はいない」西紙分析官が“老獪”で“多彩”な男の重要性を紐解く

岡崎 ウエスカ

😜 前節のレアル・マドリード戦に敗れ最下位のウエスカと、公式戦8連勝中で4位につける好調なセビージャの一戦。 常にチーム力で上回る相手に挑んでいかなければならない彼らにとって、岡崎というストライカーの重要性が改めて浮き彫りとなる一戦だった。

16

岡崎慎司の“守備”はやっぱりすごい。連勝逃したウエスカ、敗因はミチェル監督の交代策にあり【分析コラム】

岡崎 ウエスカ

💙 岡崎も新監督のもとで、新たな競争に挑まなければならない。 ウナイ・ヌニェスに完全フリーでヘディングシュートを叩き込まれた。 そういう意味で、全員が帰陣してコンパクトに守り、速攻で相手ゴールに迫るシンプルな戦い方を徹底できるガリターノの手腕にかかる期待は大きい。

2

岡崎慎司が先発のウエスカは2連敗…セビージャが5連勝で暫定3位浮上

岡崎 ウエスカ

☕ 【写真:Getty Images】 最前線からのプレッシングが効かなくなったことによって、ウエスカは陣形全体が後ろ重心になり、自陣の深くまで下がらざるを得なくなった。 59分にはマルティン・ブライトバイテとのワンツーからメッシが強烈なシュートを放つも、枠を外れて追加点とはならない。

9

岡崎慎司の“守備”はやっぱりすごい。連勝逃したウエスカ、敗因はミチェル監督の交代策にあり【分析コラム】

岡崎 ウエスカ

🐾 直接ではなかったが、ベティス戦の1失点目もコーナーキックの流れから生まれた。 は前節に続き2連敗で最下位のままとなった。 後半に入っても依然試合はペース。

岡崎慎司の今後はどうなる? 最下位ウエスカで監督交代、新体制の見通しは…【分析コラム】

岡崎 ウエスカ

🤩 今季2部から1部へ昇格してきたウエスカはリーグ戦を約半分の18試合終えた段階で1勝9分8敗で最下位、勝ち点12の獲得にとどまっている。 6 ラ・リーガ第22節 ウエスカ 1-2 R・マドリー] に所属するFWが6日、ホームでのラ・リーガ第22節戦でスペイン1部初アシストを記録した。

13

岡崎慎司が先発のウエスカは2連敗…セビージャが5連勝で暫定3位浮上

岡崎 ウエスカ

☎ 最前線までボールを効果的に運べず、1本もシュートを放てなかった。 試合はこのまま終了。 試合は序盤からアウェイチームのが積極的な攻撃を披露する。

1