国際新型コロナ細胞治療研究会。 <幹細胞治療によって、”新型コロナウイルス撲滅” を目指すプロジェクト> 対コロナ新薬「プロメテウス」が、メキシコ・イダルゴ州にて薬事承認 日本国内でも国際共同治験を検討中

テラで緊急告知 「テラの株取引に反社会的勢力がマスコミを利用し株価操縦、調査で確証を得る」国際新型コロナウイルス細胞治療研究会

国際新型コロナ細胞治療研究会

🙏 「けがでも感染症でも必ず自己治癒の過程があります。 これらの結果から、新型コロナウイルスによる重症患者において子宮内膜由来幹細胞とエクソソームの併用療法の奏効率は87%であり、かつ退院に至る程度の顕著な改善を示すことが明らかとなりました。 このコンソーシアムは、バイオ医薬品企業と国際的な政府機関を結集し、COVID-19への迅速な対応を可能とする協働体制を構築するものです。

16

<幹細胞治療のテラとセネジェニックス研究所による共同事業> 国内初、新型コロナウィルス感染症に対する幹細胞治療 臨床試験を開始

国際新型コロナ細胞治療研究会

😗 なお、現在適正にご使用になられている患者様への安定供給を確保したうえで追加的な供給の実現に向けた協議を輸入先とおこなっております。 既にメキシコで承認を取得している幹細胞を使用するため、迅速に臨床研究に入ることができる。

13

テラ(2191) コロナウイルスの治療薬は開発されるのか

国際新型コロナ細胞治療研究会

😅 なお、アメリカ合衆国又はメキシコでの薬事承認が得られた場合であっても、新薬の権利は当社には帰属せず、テラ社との契約に従って、全てテラ社に帰属することになりますので、ご留意ください。 不活化ワクチン開発に向けた取り組み KMバイオロジクスは、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)が実施する創薬支援推進事業の公募研究開発課題「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対するワクチン開発(企業主導型)」に2020年5月に採択され、研究開発分担者である国立感染症研究所、東京大学医科学研究所及び医薬基盤・健康・栄養研究所との協業による新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する不活化ワクチンの開発を開始し、実用化を目指します。 この度開始する臨床研究で使用する幹細胞は、へその緒などから採取できる臍帯由来のものであるため、事前に準備しておくことができ、骨髄や脂肪から採取する幹細胞に比べ原材料の入手にも比較的余裕があります。

4

<幹細胞治療のテラとセネジェニックス研究所による共同事業> 国内初、新型コロナウィルス感染症に対する幹細胞治療 臨床試験を開始

国際新型コロナ細胞治療研究会

⚔ コロナウイルスに対して、様々な研究が進む学術交流の場として期待しております。 同研究会は6月12日、と題して 「6月12日発売のフライデー誌に当社が関与して行なっているメキシコでの治験に実態がないような記事が掲載されている」事に反論している。 2020年5月26日(メキシコ時間25日)時点で、COVID-19の悪化で人工呼吸器に依存する重度のCOVID-19肺炎患者10症例が登録され二重盲検法により子宮内膜由来幹細胞が投与され、副作用および治療効果を観察しています。

【国内初】新型コロナ治療に幹細胞を活用!ロート製薬が治験計画を発表

国際新型コロナ細胞治療研究会

👀 現在、新型コロナウイルスによる炎症性免疫反応に影響を与える可能性のある薬剤を含め、当社のポートフォリオにおけるいくつかの薬剤を評価しており、今後短期間のうちに臨床試験を実施する可能性を検討しています。

10

テラ(2191) コロナウイルスの治療薬は開発されるのか

国際新型コロナ細胞治療研究会

⚡ 0228) UAE(アラブ首長国連邦)は5月1日、COVID-19に対してCOVID-19に感染した患者の血液から採取した幹細胞を活性化させ、霧状にしたうえで肺に吸入させるもので、治療を受けた患者73人全員が回復し、副作用もなかったとしている。 現在、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が世界中で猛威をふるっており、有効な治療薬の開発が人類共通の喫緊の課題となっております。 また、2021年末までに3,000万人分以上のワクチンを生産することを目標に、これらの開発計画と並行して、ワクチンの製法ならびにスケールアップ検討と、生産設備の構築・増強を加速してまいります。

16

製薬協加盟各社による、治療薬・ワクチンの研究開発の取り組みについて|新型コロナウイルス感染症に対する製薬協の取り組みについて|日本製薬工業協会

国際新型コロナ細胞治療研究会

🚒 遺伝子(mRNA)ワクチンの研究開発 AMEDが支援する「新型コロナウイルス(2019-nCoV)の制圧に向けての基盤研究」(研究代表者:東京大学医科学研究所 河岡義裕 教授)に参画し、当社が見出した新規核酸送達技術を用いた「新型コロナウイルス(2019-nCoV)に対するmRNAワクチン開発」を分担しています。 すでにマイアミ大学では1型糖尿病とアルツハイマー病に対する同様の幹細胞による臨床試験が承認されている。

16