ゲンロン 戦記。 『ゲンロン戦記』東浩紀が僕に語った大いなる「失敗」(婦人公論.jp)

『ゲンロン戦記』東浩紀が僕に語った大いなる「失敗」(2020年12月16日)|BIGLOBEニュース

戦記 ゲンロン

☢ 著書に『存在論的、郵便的』(1998年、第21回サントリー学芸賞 思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』(2001年)、『クォンタム・ファミリーズ』(2009年、第23回三島由紀夫賞)、『一般意志 2. 難解な哲学研究から出発し、オタク文化やネット社会を縦横に論じた時代の寵児がなぜ、中小企業ゲンロンを創業することになったのか。

10

新著『ゲンロン戦記』が異例のヒット…東浩紀氏に聞く「インターネットの失われた10年間」

戦記 ゲンロン

📱 雑誌『ゲンロン』の姉妹誌の立ち位置。 東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。 - :現代アート集団「」による新作「」が公開。

『ゲンロン戦記』東浩紀が僕に語った大いなる「失敗」

戦記 ゲンロン

👐 ゲンロンがやるべきなのは、そういう数が支配する世界に対し、そうじゃない空間をどうやって作っていくかだということが見えてきた」 PR 東さんが目指したのは、大学アカデミズムなどに対するオルタナティブ(主流に代わる選択肢)の場を作ることだった。 2月1日 - 代表がプロデュースする文系と理系が融合する&「 」を本社近くにオープン。 いくらページビュー競争はダメだと言っても、人間は数字や言葉が表示されるものに弱い。

10

ゲンロン

戦記 ゲンロン

🙌 『産経新聞』 東氏インタビュー• これほど多様な人を呼べる場はないし、論壇や文壇と違って実体としての「観客」がそこにいる。 自分の哲学を追求し、自由に表現し、新しいものを読者に届けたいという思いが目的の一番にあり、絶対にブレない。

東浩紀著『ゲンロン戦記』が売れているのはうれしい驚き

戦記 ゲンロン

😜。 世間から見れば、ゲンロンは急に活動が鈍ったように見えていたはずです。

東浩紀著『ゲンロン戦記』が売れているのはうれしい驚き

戦記 ゲンロン

🤟 —— 『ゲンロン戦記』で東さんは「しっかりした主張の上で地道に読者や支持者を増やしていくよりも、炎上させる方が賢く有効だという風潮になっていった」ことが、文化を貧しくしていると指摘されています。

16