官能 小説 milky。 官能小説.com【小説一覧】

初めてのレズ体験はまさかのソープランド!?マットプレイで感じまくってもう大変!

小説 milky 官能

✇ 「やっぱ、やめようかな……」 「まあまあ、ここまで来て、そう言うなって」 男友達2人は、気後れする私の肩を抱くようにして歩き出した。

8

官能小説&体験告白 ましゅまろくらぶ

小説 milky 官能

😄 抱ける……。 正直、旦那のことには触れて欲しくなかった。 「あっ、ふう……んんっ」 「気持ちいい? でも、旦那さんにもこういうことされてるんでしょ?」 その言葉に私は首を横に振った。

7

【官能小説】ドSな旦那にバイブを仕込まれ指示されたのは、初恋の人が働く店での“キケンなおつかい”だった。(ページ2)|milky

小説 milky 官能

😍 年上女房の美紀は45才にしてセーラー服を着ている。 なのに俺はその現場にいながら、助けられないどころか2人が蹂躙されるのを見て欲情してしまう 娘に欲情 ある日の深夜、ネットでエロ画像を漁っていたら、女房と娘が目に飛び込んできた衝撃。 あまりに柔かな感触が常にうごめき、肉棒にまとわりついてくる。

メルティーノベル 女性のための官能小説

小説 milky 官能

☕ 分かった、と俺は答えた。 旦那の浮気でムシャクシャしていた私は、学生時代からの男友達と酔った勢いでソープへ行くことになった。 いい大人なんだから感情くらいコントロールしろ。

11

【寝取らせ】目隠しで自分のヨメの視界を奪った友人が、代わりにハメろと俺に微笑む

小説 milky 官能

👌 でもそれって私のワガママだよね。 「ごめんね。 「指名はございますか?」 「いえ、特に……」 「すぐにご案内できる子がおりますが、女性のお客様でもかまわないか確認を取ってみます」 「あの、無理にとは言いませんので……」 「大丈夫ですよ。

【寝取らせ】目隠しで自分のヨメの視界を奪った友人が、代わりにハメろと俺に微笑む

小説 milky 官能

⚐ でももう、どうしようもなかった。

18

【兄嫁寝取り】兄貴ごめん、美咲さんのむちむちした体に俺、もう我慢できない(ページ3)

小説 milky 官能

👀 理性が音を立てて崩れた。 俺と美咲さんはもう離れられそうにない。

13