多勢 に 無勢。 「多勢に無勢」の意味とは?類語や反対語と一緒に英語も紹介

ことわざ「多勢に無勢」の意味と使い方:例文付き

無勢 多勢 に

😩 それは、選挙や国会の審議でも同じことが言えますよね。 「多勢に無勢」の類語は「衆寡敵せず」 「衆寡敵せず」は「人数の上では、多人数に少人数は所詮かなわない、相手にならない」という意味の言葉です。

5

多勢は無勢| 一日は長し、一生は短し/BLOG

無勢 多勢 に

😅 ん?「大勢」の対義語も「少ない人数」の意味の「小勢」で、「多勢」の対義語も「少ない人数」の意味の「無勢」??? 「小勢」も「無勢」も「少ない人数」? そうです、意味は同じです。 「こちらは人数がいないからどうしようもない」と「無勢」の立場でに使うのが基本です。

多勢は無勢| 一日は長し、一生は短し/BLOG

無勢 多勢 に

💖 通常は「小勢」を使うのです。

9

「おおぜい」の表記は?

無勢 多勢 に

✊ 一人で数十人と渡り合ったものの、 多勢に無勢で叩きのめされてしまった。

「多勢に無勢」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

無勢 多勢 に

🙂 ですが「無勢」も、一般的に「少ない人数」をあらわす場合には使いません。 また、「八方塞がり」は人数の差について言及しているものではありません。 多勢に無勢 たぜいにぶぜい : 少人数では、大人数の相手にはとてもかなわないということ。

1

ことわざ「多勢に無勢」の意味と使い方:例文付き

無勢 多勢 に

⚠ この場合、なぜ「大勢」が正しい書き方なのか、それぞれの関連語を含めて意味の上で互いに反対の関係にあることば(対語・対義語)の読みと表記を考えれば理解できます。

6