若山 照彦。 若山 照彦

小保方晴子が衝撃の告白「STAP細胞捏造の黒幕は若山教授だった。全ての伏線が繋がった」

照彦 若山

☎ STAP論文問題 [ ] 2014年に問題になったSTAP論文 を記述した著者14人のなかの主要メンバーで、キメラマウスを用いてSTAP細胞の多能性を検証した。

小保方晴子氏が手記出版で反撃! STAP細胞は若山教授が黒幕、私は捏造犯に仕立てられた、と…|LITERA/リテラ

照彦 若山

❤️ 確かに、基礎研究や理論系の分野では そういう論文が執筆されることが よくあるにゃ。 この処分は、本人の申し出より軽かったようで、その点について山梨大が設置した特別委員会の委員長である新藤久和理事は、「若山教授は余人をもって代えがたい」と説明している。

16

若山教授の今現在が気になる!小保方晴子と愛人関係だった!?

照彦 若山

⌚ 2015年3月9日閲覧。 筆者もこの件について、昨年5月頃から複数の関係者、担当記者から聞いていた。 この分析結果に関する会見が2014年6月16日に行われ、STAP細胞が若山研究室に存在しないマウスから作成されたとした。

8

若山照彦と若山清香

照彦 若山

☺ 理研が現場保全のため小保方研究室の試料を逐一チェックし、リスト化して山梨大に送ったところ、先生は、およそ80本のES細胞入りチューブが、なぜか彼女のもとにあると分かって驚いたのです」(同) 小保方博士は11年4月、ハーバード大の優秀なポストドクターとの触れ込みで、若山研究室に客員研究員として加入。 山梨大の関係者が打ち明ける。

6

小保方本で批判の若山教授、反論できない理由…責任取らず科研費の受領継続、管理能力に問題

照彦 若山

🙄 現在、ES細胞の窃盗罪や偽計業務妨害罪などが検討されているといい、 「必要性の有無からも検討しており、あくまで一例として2つの罪を挙げたということです」(理研広報室) 年が明けてもなお、小保方博士は神戸の地に身を潜めている。 この手記の内容については既に、触れているので割引ますが 前半では、科学者を目指した理由から始まり 後半では、科学界やマスコミのドロドロした部分を赤だらに語っています。

小保方晴子が衝撃の告白「STAP細胞捏造の黒幕は若山教授だった。全ての伏線が繋がった」

照彦 若山

✊ 「若山研究室で作成、保管されていたはずのES細胞が、なぜか小保方さんの研究室の冷凍庫から見つかった。 スポンサーリンク 若山教授の今現在 STAP細胞の論文の共著者である 若山教授は山梨大学の生命環境学部の 教授を今でも務めているにゃ 2016年1月現在。

4

笹井芳樹氏を追い込んだ「小保方への愛情」と「山中教授への対抗心」(週刊現代)

照彦 若山

🤟 理研はSTAP論文問題に関する報告書を2014年12月26日に公開し 翌年の2015年1月6日にこれを確定した。 「『細胞、第三者へ』若山教授 STAP論文撤回検討発表 」、『朝日新聞』2014年3月12日朝刊(山梨)。

15

STAP現象、理研で再現されていたことが発覚…若山教授、不当に実験成果物を大量持ち出し(Business Journal)

照彦 若山

🤔 大学院の指導教官と対立したため、茨城大では博士課程に進学をせず、1996年獣医学専攻博士課程修了、「ハタネズミを用いた精子の透明帯通過機構に関する研究」で東京大学。 そして「ネイチャー」編集部は若山氏が送ったメールを転送してきて、それが物証となり若山氏の単独行動が明らかとなる。

5