キネマ 旬報 ベスト テン。 1966年度キネマ旬報ベストテン

キネマ旬報ベスト・テン 歴代受賞(1924年~現在)【PRiVATE LiFE】データベース

ベスト キネマ テン 旬報

⚑ | | | 21位~30位 順位 作品名 (公開年) 監督、解説 23 「 人情紙風船」 (1937年) 山中貞雄 「 用心棒」 (1961年) 黒澤明 「 けんかえれじい」 (1966年) 鈴木清順 「 蒲田行進曲」 (1982年) 深作欣二 「 3-4x10月」 (1990年) 北野武 「 雨月物語」 (1953年) 溝口健二 「 近松物語」 (1954年) 溝口健二 「 野菊の如き君なりき」 (1955年) 木下恵介 「 流れる」 (1956年) 成瀬巳喜男 「 薄桜記」 (1959年) 森一生 | | | 1996年のランキングでは「七人の侍」が1位 1995. 「大村益次郎」• 「母子草」• 「社葬」• 「 洲崎パラダイス 赤信号」 (1956年) 川島雄三監督。 「陽炎座」• 「家族会議」• 「野のなななのか」• 「時雨の記」• 予告編や動画配信へのリンク付きです。

14

キネマ旬報ベストテン

ベスト キネマ テン 旬報

✆ 「名もなく貧しく美しく」• 「白と黒」• 「素浪人忠弥」 年 1位(作品賞) 2~10位 1929 「 首の座」• 【7位】 「 ひとよ」 (配給:日活)• また、少女でも、少年でもなく、あるいはその両方を備える若い精神と肉体を持った彫像であるのは、いつまでも役や作品に対し、真摯であり続ける映画人の取り組みを表現したためです。

6

キネマ旬報「1980年代映画ベスト・テン」の1990年版と2018年版を見比べる:スローリィ・スローステップの怠惰な冒険

ベスト キネマ テン 旬報

⚡ 「人情紙風船」• Blu-rayで出してくれないかな」 「ロバート・ゼメキスが2本入ってますね」 「最初はエドワード・ヤンの『恐怖分子』を入れてたんだけど、やはり80年代に観た映画に限定しようと差し替えちゃった。 「乱」• 「学校3」• 特異なキャラクター、カメラワーク、色づかいなど、 様々な面でユニーク。

16

邦画オールタイムベスト100

ベスト キネマ テン 旬報

😄 「ジョゼと虎と魚たち」• 「風立ちぬ」• なお、1925年度までは外国映画だけを対象に芸術、娯楽の2つに分けて選出。 「苦役列車」• 「人間の條件 第3・4部」 1958 「 楢山節考」• 「風雪二十年」• 大手配給会社(東宝、東映、松竹)の作品でない映画も多く受賞しています。 「恍惚の人」• オスカー像よりも重いものをつくりましょうとワダエミさんに助言を頂きました。

2

キネマ旬報/90年代ベストテン(洋画)

ベスト キネマ テン 旬報

😒 「おかあさん」• 「ナビィの恋」• 「湯を沸かすほどの熱い愛」• TVドラマの演技で選ばれた。

19

キネマ旬報ベスト・テン 歴代受賞(1924年~現在)【PRiVATE LiFE】データベース

ベスト キネマ テン 旬報

✋ 「燃ゆる大空」• 「永遠の人」• 「裸の大将」• 戦後の日本のヤクザ抗争の中で最も激烈だったとされる「広島抗争」を描いた。 「ヌードの夜」• 1970年代に人気ナンバー1の歌手だった沢田研二が主役を演じた。

7

邦画オールタイムベスト100

ベスト キネマ テン 旬報

🐾 植草信和• 「怪談」• 戦争による中断があったものの、大正時代から現在まで、継続的にベスト・テンは選出され続けています。 また、配給収入は封切り当初のもので再映分を含んでいない。 「野良犬」• 「襤褸の旗」• 現実に起こっている地球の自然破壊をとらえ、 この清算は人類がなさなければならないというメッセージを、 かれんなナウシカに託した。

8

1966年度キネマ旬報ベストテン

ベスト キネマ テン 旬報

❤ 「青い山脈」• 「犬神家の一族」• 2020年以降は移転を予定して、コチラの「」で追加・更新中です。

17